Company
Information
企業情報

History
沿革

ユアサ電池サービス
70年の歩み

ユアサ電池サービスは、皆様方にお支えいただき、
2018年に創業70周年を迎えました。
ここでは当社の歴史を
簡単ではございますがご紹介させていただきます。

  • 1948(昭和23年06月)

    創業者佐藤恭三、
    株式会社YSB商会役員就任。
    船舶用蓄電池の販路を開拓、販売開始。


  • 1952(昭和27年08月)

    佐藤恭三、上京し、本田技研工業株式会社にユアサバッテリーの納入を 開始。


  • 1960(昭和35年04月)

    株式会社ワイ・エス・ビーを設立。
    佐藤恭三 代表取締役に就任。


  • 1963(昭和38年09月)

    社名をユアサ電池サービス株式会社へ改称。
    全国に販売網を拡大し、補修用蓄電池の販売を開始。
    埼玉県朝霞市に本社社屋と工場を新築。

  • 1968(昭和43年11月)

    湯浅電池株式会社(現 株式会社 ジーエス・ユアサコーポレーション)の販売会社政策に協力し、関東一円の営業所をもって同社との共同出資会社「ユアサ電池サービス販売株式会社」を設立。
    ユアサ電池サービス株式会社から分離する。

  • 1972(昭和47年11月)

    四国ユアサ電池販売株式会社を設立し、四国地区を分社。
    埼玉電装サービス株式会社設立し、日本電装株式会社(現 株式会社デンソー)代理店として自動車電装品の修理と販売を開始。

  • 1974(昭和49年05月)

    ユアサ電池新潟販売株式会社(現 ジーエス・ユアサ新潟販売株式会社)を設立し、新潟地区を分社。

  • 1974(昭和49年06月)

    代表取締役 佐藤恭三 逝去。
    佐藤公男 代表取締役に就任。

  • 1986(昭和61年05月)

    キヤノン販売株式会社(現 キヤノンマーケティングジャパン株式会社)と代理店契約締結し、情報機器の販売を開始。

  • 1991(平成03年10月)

    日産火災海上保険株式会社(現 損害保険ジャパン日本興亜株式会社)と代理店契約締結し、損害保険代理店業務を開始。

  • 1994(平成06年06月)

    日本移動通信株式会社(現 KDDI株式会社)と代理店契約締結し、auショップ高島平店を開設。携帯電話販売を開始。

  • 2000(平成12年06月)

    シイシイエス事業部を設置。
    トナーカートリッジのリサイクルサービスを開始。


  • 2002(平成14年04月)

    株式会社ユアササントクと経営統合。

  • 2003(平成15年01月)

    鈴鹿事業所において、株式会社 ユアサコーポレーション(現株式会社GSユアサ)自動車電池部門 自動車用鉛電池の充電についてISO9001の認定(JQA-1678)を受ける。

  • 2006(平成18年04月)

    ユアサ電池サービス販売株式会社にて、コピー機、プリンタ等で使用するトナーカートリッジの再生・販売を手掛ける、CCS(シイシイエス)事業所を開設。

  • 2008(平成20年10月)

    本社社屋の改修を行い、新本社社屋での業務を開始。

  • 2010(平成22年09月)

    MSネット株式会社を設立し、通信販売事業を開始。

  • 2016(平成28年04月)

    ユアサ電池サービス販売株式会社が手掛けた、トナーカートリッジ事業をユアサ電池サービス株式会社へ移管。

  • 2017(平成29年06月)

    佐藤嘉友 代表取締役に就任。
    佐藤真紀 代表取締役に就任。

  • 2017(平成29年11月)

    鈴鹿事業所において、電池充電システムが増強され、生産能力がアップした。

  • 2018(平成30年4月)

    佐藤公男 代表取締役会長に就任。
    佐藤嘉友 代表取締役社長に就任。